スピリチュアルサイン

指輪を見た時のスピリチュアルサイン✮お互いの素直な気持ちが浮上します

キレイな指輪がスピリチュアルなメッセージを送っているように見えたのですね。

広告や店頭、写真、イラスト。また誰かのしている素敵な指輪が目に入ったときも、スピリチュアルサインです。

指輪のスピリチュアルサイン

指輪から受けるスピリチュアルサインは、誰かの心の奥を知ることになるというメッセージです。

もしかすると「指輪=結婚」って書いてそう!と期待して見に来られた方には、ん?ん???(いつ、そうなる?)って思われるかもですが、先にお伝えしておくと、ここではならないです。

ただ、ここをきっかけに、今の悩みやモヤモヤしていることに何かしらの答えが出ます。途中に「ワーク」もご用意しますね。では、心の準備はよろしいですか?( *´艸`)

恋愛・結婚におけるゆびわのメッセージ

指輪が気になった。これ、サイン(メッセージ)じゃないかな、って思うときって「結婚」を意識してるときなのかなぁ。と思います。

「(将来の結婚相手に会った瞬間に)頭の中で鐘がなったのよ」と、これまで3人の方から聞いたことがありますが、指輪からのサインも「結婚、近いよ」という直接的なサインなことも、もちろんあります。あなたの心の準備ができている 運命の指輪との出会い、とかね。

ただ、他にもメッセージがあって、こちらに注目 したいのです。

まずは、あなたの気持ちが焦っていることへのメッセージでもあるかも。ここで「指輪のサイン!もうすぐ結婚だ!」と思ってしまうのは危険です。これ、見分けが付きづらいですね。相手の方がいるなら大切なのはお互いの気持ち。相手の気持ちを置いてきぼりにしないように気を付けて。

シンプルに、どういう風に思っているのかなぁ。と確認しあうのもおすすめです。また、あなたの方も相手に話せないでいること、遠慮していることがあれば、解消してみるといいでしょう。自然な形で、本音を話してみることはいつか必要になります。長く一緒にいたいと思う相手であれば、なおさらです。

また、おなじように、お相手の方の話しを深く聞いてみるのも必要です。小さいころに住んでいた場所に行ってみたり、お互いに昔の話しをしてみると意味の深い時間を過ごすことができそうです。

 

契約としてのスピリチュアルサイン

スピリチュアルな目線での指輪には「契約」というメッセージもあります。精神的な結びつきという意味あいより、「物質的」な意味がつよく出るサインでもあります。

結婚って、自分たちだけじゃなくって、家と家の問題。なんて言われた過去があるように、実際には自由とは遠いところにいるんですよね。結婚式も誰をよぶ、とか、席順が、とか。「こうあるべき」という意識のカタマリや、固定概念の多い世界です。

「こうあるべき」に1つも囚われていない人って、なかなかいなくて、特に女性だとそうなりづらい空気がありますよね。

でも、相手のことを考えてしている(と思っている)我慢や、こうじゃなくちゃいけないと思っていることって、相手の望んだことでも、あなたの心が望んだことでもないことです。 ・・・え?じゃあ誰のための我慢???世間?親?1番だいじな自分と相手のことをないがしろにして、守るものなどないはずなのです。

そう思ったら、もっと素直に生きていいんだ!って思えるでしょう?指輪のメッセージは深く掘っていくと「素直に生きて」なのです(*^_^*)

 

指輪のスピリチュアルサインを受け取ったときのワーク

指輪のサインを受けた時には、すきなこと、すきなものを思い浮かべて、子どものようなワクワクした気持ちから行動に移してください。

行動を起こしたときのリスクに注目するのではなく、自分の本当の望みに向き合ってみましょう。

あなたにとって、なにが幸せなのかを知ることで、本当の幸せに向かう心の準備ができる。本物の目的地の書かれた地図を手に入れる、そういう時です。

 

【失敗談】自分の好きな自分でいられる人との結婚について

蒼井優さんと山ちゃんの結婚の時に話題になった「一緒にいる時の自分が好き」という言葉。すごく素敵なことだな、と思います。

・・・私、それができず、一度、結婚に失敗しています。失敗談から何かしらお伝えできたら、という気持ちでお話しさせていただきますね。

1番だいじな自分(と相手)のことをないがしろにしたままの結婚生活を始めると、何が起きるか。私は、結婚前「自分を殺して、相手にあわせる」そういう相手といるのが心地よかったので、そういう女性がいい男性と結婚をしました。「4年も付き合ったし、年齢も年齢だし」「そろそろ」という理由で結婚しました。

かなり年上ということもあり、ずっと半歩後ろを歩いていくつもりだったのですが、子どもが生まれた時に歪みができました。その想像を絶する大事さ、かわいさに対応できなくなりました。あまりの愛おしさにびっくりしたんです。あー、自分の中にこんな感情があったのか。って。

当たり前に愛されるはずの子どもに対して、私は愛情をもつ「親」に変わりました。が、パートナーは変わりませんでした。「大事な人を大事にしない」相手と子どもとの関係も、結婚前の私と相手そのままの形で、どうしてこの関係が居心地いいと思えていたのかわからなくなりました。次第にこのまま子どもを育てることが不安になりました。はじめて何度も話し合いをするようになり、本音を話しましたが、いうことを聞かない女性は嫌いだったのでしょう。話し合いは平行線。

結局、その相手とは離婚になりました。

私の場合は極端な例かもしれないですが、相手を大事にしあうこと、本音を話し合えること、また一緒に他の誰かや何か(この場合は、子ども)を守れるパートナーになれること。結婚を意識した時には、一緒にいて本当に心が安らぐ相手なのか、本当の自分でいられているのか、自分に確認してみると良いですよ。

その時、どんなに相手を好きだったとしても、自分を好きな気持ちを持った時、そちらの方が大きいですからね。絶対、我慢は爆発します!

 

今は再婚して、お互いの自由を尊重するための別居をしています。別居っていうとネガティブなイメージもあるかもしれませんが、選んだのは「自由婚」です(*^_^*)

結婚はこう!という形って、昔の人が作ったものだから、今はいろんな形があっていいんですよね。仕事だって働き方改革。といわれ、新しい形がたくさんできています。だから、これを見たあなたも、自然にいられる自分の生き方や結婚の仕方を選べますように。

 

我慢ではなく「好きな自分でいられる」か、いちど客観的に見てみてくださいね。では✮

-スピリチュアルサイン
-, , ,

© 2020 スピリチュアルメッセージ&サイン❆解説書 Powered by AFFINGER5